オンライン・ツー・オフライン

こんにちは。

システム担当の西本です。

SNS利用者が年々増加している昨今ですが、皆様はOtoOという単語をご存じでしょうか。意味はそのまま、この記事のタイトルでも利用している「Online to Offline(オンライン・ツー・オフライン)」。

オンラインでの活動がオフラインの購買活動に繋がる…といったEコマースの用語です。この場合オンラインはインターネット上の店舗、オフラインは実店舗。インターネットが普及する以前は考えられなかったような単語ですが、ここ近年はさらに注目されています。

有名なSNSとしては、FACEBOOK・mixi・ツイッター・LINE・モバゲー・グリーなどなど。実際のネットショップ店長様も何かしらのSNSをされている方も多いのではないでしょうか。しかし、SNSをうまく商売と繋げている方は一握り。アカウントを作成したけどあまり有効活用できていない…という方も多いのでは。

さて以前、ガリガリ君のコーンポタージュ味が発売されましたが、これがクチコミで話題となり、爆発的な人気となり生産が追いつかない状況にまでなりました。このクチコミも、SNSで話題にあがったことにより広がったとされています。

かくいう私も個人的にツイッターアカウントを所有しておりますが、ガリガリ君のコーンポタージュ味を買って○○をやってみた…といったRT(リツイート)を多く見かけました。そしてそのRTを見て、「私も買ってみよう!」という購買意欲も湧きます。

ツイッターやFACEBOOK等で、商品名と商品ページのURLだけを呟くのだけではなく、ちょっとヒネリのきいた文章やアイデアで商品を紹介すると、クチコミが広がる可能性も高くなるでしょう。

SNSは商品に全く興味を持っていない消費者に対して、興味を持たせるには非常に有効なツールです。

結果市場が広がり、売上UPにも繋がるかも!?OtoOも積極的に取り入れていきましょう!



コメントは停止中です。