商品を手に取りやすくすること

こんばんは、制作担当の坂元です。

 

私は優柔不断なため、映画館の席や飲食店での食べ物などが自分で決められず

チケット売り場の人や店員さんに「どこが(どれが)おすすめですか?」とよく聞きます。

その時迷わず「ここは(これは)いかがでしょう?」と提案してくれると、だいたいそれに決めてしまいます。

 

ネットショップにもおすすめ商品を掲載できるコーナーがありますね。

ちょっとワインやお花、食べ物…なんでもそうですが、「どれにしよう?」と迷った時に、

スタッフからのひと押しがあると強いと思います。

「このワインは○○さんがお祝いの席で飲んだワインです。ぜひあなたもいかがですか?」

「この花の花言葉は○○。大切な人への贈り物に最適です」

「どれもおいしそうで迷ってる方!丹精込めて10年間おいしさを研究してきたこちらのケーキが当店のイチオシ!」

などなど、スタッフの思いや豆知識が含まれたキャッチコピーや説明をつけると一気に心が惹かれます。

もちろんウソはいけません。

専門知識を持ったスタッフが言ってるのだから間違いないだろう、そんな信頼を得て、説得力ある店主・スタッフになってくださいね。

 

そしてお店にファンをたくさんつけましょう!



コメントは停止中です。